勃起不全の原因 喫煙・外傷

勃起不全,喫煙,外傷

喫煙にはどう若効果や血流の停滞を引き起こす大きな原因です。したがって勃起不全の原因にもなりえるのです。

 

アメリカのある勃起不全専門の医療機関の調査では、患者の約4割は血液の流れに障害が起こっており、そのうちなんと97パーセントが喫煙者だったといいます。いかに、喫煙が大きく影響しているかがわかると思います。

 

勃起不全の原因 外傷

 

勃起不全,喫煙,外傷

脳からペニスへの神経伝達は、脊髄を経由して行われています。したがって、交通事故や運動中の事故などによって、脊髄を損傷したり、切断したりした場合、勃起不全に陥ることがあるのです。

 

このほか、ペニスに通じる神経や血管が通っているソケイブをけがした場合、それらが原因で傷を受けて、勃起不全になることもあります。

 

さらにアメリカで多いのは、前立腺がんの手術による後遺症として、勃起不全に陥るケースです。前立腺がんはあまりかの男性に急増しているガンです。

 

前立腺は男性生殖器の後部尿道を包んでいる分泌腺です。膀胱のすぐ下に位置し、精子の運動能力を高めます。精液は栗の花のような独特のにおいがありますが、これは前立腺の分泌液によるものです。

 

前立腺がんの治療は、ほかのがんと同様に手術を放射線照射がメインです。がんの手術は通常、再発の予防や転移していた場合のことを考えて、ガンの部位やその周辺を大きく切り取ります。したがって、前立腺やその周辺の組織も切除しますが、その際に、ペニスに通じる神経や血管が切断されることが少なくないのです。

 

その結果、アメリカでは、前立腺がんの手術を受けた男性のうち、およそ40%が勃起不全になるとされています。勃起不全を起こさないような新しい手術法も開発され始めていますが、この場合は再発の心配がされます。

 

神経細胞は再生されることがないため、一度障害を受けてしまうと治療はほとんど困難になります。ただし血管の場合には、移植などによって地用を行うことができるので、回復が可能な場合があります。

 

アメリカの泌尿器科学会では、勃起不全の臨床指針で、血管の再生手術はペニスの静脈が正常で動脈の実が障害を受けている若い人の場合には有効だとしています。